保管方法

ウィッグの保管方法を間違うと使えなくなってしまったりウィッグの寿命が縮んでしまったりすることがあるでしょう。まずは専用のポーチに入れるということが大切です。毎回丁寧にブラッシングするようにしてから、型崩れしないように中に紙などを詰めるようにすると良いでしょう。

ロングウィッグのお手入れは特に大変ですが、長い間使わない時にも時々様子を見ると良いでしょう。ただ、下手にいじらない方が良いです。ただ、変な癖がついていないかどうか、保護ネットから出したりして確認する必要があります。癖がついていたりする場合は、アイロンで直したりしてそれぞれきちんと対処しておきましょう。

また、当たり前のことですがワックスやスプレー等を使用した場合は一度洗って清潔にしておくのが良いかもしれません。ウィッグは洗いすぎも良くないのですが、

また、輪ゴムのようなものは劣化するので保管時に使用しない方が良いでしょう。保存袋は必ず必要ですので、購入時に専用のものがなかったりした場合はジップロックやビニール袋などで構いませんので使用するようにすると良いでしょう。

このように保管状態によってウィッグをより長く使っていくことができるようになりますから、保管状態は最善のものでウィッグを大切に保管するようにしてください。清潔に保つことなども基本的なことですから、基本として取り組むようにしましょう。